歯を失ってしまったらどうしたらいいの?

従来では、隣どうしの歯を削ってブリッジを装着するか、取りはずし式の入れ歯という方法しかなかったのですが、現在では「第2の永久歯」といわれるインプラントといって、チタン性の人工歯根を使って快適に過ごすことができるのをご存知ですか?

例えば、1本の歯を失った場合従来であれば健全な歯を削ってブリッジという方法でしたが、インプラントであれば健全な歯を削ることなくできます。

インプラントの症例はこちら>>

1本の歯を失った場合 治療前

image-abe00.gif

1本の歯を失った場合 治療後

また、多くの歯を失ってしまった方の場合は従来では取り外しの必要な入れ歯しかありませんでしたが、インプラントでは取り外す必要がなく、快適に食事ができます。

インプラント2本 埋入前

image-abe00.gif

インプラント2本 埋入後

また、歯が全くない総入歯の場合よく下アゴの入れ歯がはずれやすい、痛いという訴えが多いのですがこの場合にもインプラントを利用しておいしく食事をすることが可能です。

歯が全くない総入歯の場合


歯をすべて失った場合のインプラント治療前

image-abe00.gif

歯をすべて失った場合のインプラント治療後